GITA−JAPAN第13回コンファレンス

●メインテーマ

「見えてきた電子自治体」

●サブテーマ

 「ビジネスモデルとしてのGISを探る」

●企画趣旨

 2002年6月のIT戦略本部決定の「e―JAPAN重点計画―2002」により、行政情報の電子化が一層促進される状況下で、全国の自治体において、様々な業務やサービスの電子化の動きが活発化しています。その中で、GIS関連ではGIS省庁連絡会議による「GISアクションプラン2002−2005」等の施策作りが活発に行なわれています。近年GISは計画策定、施設管理からマーケティングまでの様々な個別分野において成熟度を高めているものの、いわゆる電子自治体で要請されている、GISを活用した電子化やGISの効果的な運用等には様々な課題が存在しています。そのような電子自治体への挑戦は端緒についたばかりであるとも言えます。

このような状況下を背景に、GITA−JAPAN第13回コンファレンスでは、 

@  中央省庁からの政策方針の講演

A  GIS先進自治体の講演とパネル・ディスカッション

B   ユーティリティ関連の大縮尺・大規模GISの運用事例の紹介

C   GISと法制度に関わる講演

D   米国GITAからの招待スピーカーによる講演

E   同じ分野・地域のGIS関係者による本音交流会

F   公募技術論文の発表会

G   ソフトウェア・ハードウェアベンダー、コンサルタント、ユーザ等による展示会

等、多彩な情報の提供により、電子自治体とGISの現状、課題の解決策、将来の方向性等について「ビジネスモデルとしてのGIS」の観点から探っていきました。

〔 日 時 〕 平成14年11月13日(水)・14日(木)

〔 会 場 〕 川崎市産業振興会館

〔 内 容 〕 @ 講演・パネルディスカッション

           A 機器、システム、ソフト等展示会

コンファレンスプログラム

11月13日(水)

 

時 間

ホール [1F]

研修室 [9F]

10:00〜10:50

(開会挨拶) GITA-JAPAN会長 東明 佐久良氏

(挨拶・講演)GITAアメリカ会長 Dave Disera氏

 

10:50〜11:30

講演)「川崎市における電子市役所への取り組み」

川崎市総務局情報管理部システム企画課長

大阿久克己氏

11:30〜12:10

(講演)  「地籍調査と地籍活用GIS」

国土交通省土地水資源局国土調査課長補佐 大木章一氏

12:10〜14:00

(110分昼食・休憩)

(業界座談会)ガス部門

14:00〜14:45

(講演)「統合型GISの推進について」

総務省自治行政局地域情報政策室長  斎藤一雅氏

 

14:45〜15:30

(講演)「GIS後発自治体の取り組みかた」

東京都北区建設部建設管理課主  和田陽一氏

15:30〜16:15

(講演)「市川市におけるGISの現状」

市川市建設局都市政策室主任 大場亨氏

16:25〜17:30

(パネルディスカッション) 「電子自治体とGIS―ビジネスモデルとしてGISを成功させるには」
総務省、川崎市、北区、市川市、GITA代表

☆ 展示会は4F展示室です 午前11:30〜午後5:00

 

 

 

11月14日(木)

 

時 間

ホール [1F]

研修室 [9F]

10:00〜10:40

(講演) 「電子基準点データ配信サービスと関連技術について」

日本GPSデータサービス且R本理氏

 

10:40〜11:20

(講演)「東京都水道局におけるマッピングシステム」

東京都水道局給水部配水課係長  新居寛氏

 

11:20〜12:00

(講演) 「New York city's Response to the 9.11 Attsck」

GITA アメリカ Robert Samborski氏

 

12:00〜14:00

(90分昼食・休憩)

14:00〜14:45

(講演) 「電子自治体と統合型GIS」

横須賀市企画調整部副部長・情報政策課長 廣川聡美氏

 

14:45〜15:30

(講演)   「ワイアレスモバイルによるフィールドワークの革新

NTTインフラネット株式会社 杉浦信一氏

 

15:40〜16:25

(講演)  「GIS活用オンライン道路占用許可申請システム」

道路管理センター システム開発部次長 佐藤裕人氏

 

16:25〜17:10

(講演) 「(GISと法制度)」

国土地理院測量指導課長 鎌田高造氏

 

17:10〜17:25

閉会挨拶

 

☆ 展示会は4F展示室です 午前10:00 〜 午後4:00