コンファレンス報告

GITA-JAPAN第14回(2003年)コンファレンス

●メインテーマ

GIS国際危機管理シンポジウム
- Homeland Security Workshop -

●特別企画

「危機管理の日米比較」
―米国GITAの参加によるパネルディスカッション―

●企画趣旨

 近年の情報関連産業の変革と進歩には目を見張るものがありますが、殊に社会の基盤的技術として期待される地理情報システムを取り巻く環境には、大きな変化が見られます。今から13年前、当会が発足した当時はAM、FMへの取り組みが始まったばかりであり、ともかく地理情報システムを構築する事が眼前の重要課題とされる時代でした。しかし今日の地理情報システムは多様な情報アイテム、コンテンツ活用に不可欠な社会的インフラ技術として、確固とした役割を担いつつあると同時に、新たな課題に直面していると言えるでしょう。
このような状況に鑑み、世界とのネットワークを持つGITA−JAPANは、その特色を活かしたテーマと特別企画を軸に第14回コンファレンスを開催いたしました。




主  催  GITA-JAPAN
共  催  地理空間情報技術利用促進協会(NPO-GITA)

後 援  総務省国土交通省国土地理院財団法人道路管理センター財団法人日本測量調査技術協会財団法人日本デジタル道路地図協会財団法人データベース振興センター社団法人日本国土調査測量協会社団法人日本地図調製業協会、ホームアイランズ・セキュリティ協議会(NGO)、地理情報システム学会株式会社ガスエネルギー新聞株式会社水道産業新聞社株式会社セキュリティ産業新聞社IAEM - International Association of Emergency Managers, Kennedy Carter, ASMG - Ascent Strategic Management Group Pvt. Ltd., OMG - Object Management Group, University of Kuopio Finland

開催日時  平成15年11月5日(水)・6日(木)の2日間

開催場所  東京ガス株式会社本社2F大会議室及び展示ロビー (→会場案内はこちら

開催内容  コンファレンス・パネルディスカッション・座談会
同時開催  機器展示会(ハード、ソフト、データなど)

●プログラム  (→詳細なコンファレンスプログラムはこちら

11/5 (水)
時 間 大会議室 [2F] 会議室 [13F] 展示ロビー[2F]
10:00〜10:10 (開会挨拶) GITA-JAPAN会長 東明佐久良氏
(業界座談会)
ガス部門
12:30〜14:00
機器・システム
・ソフト展示会

11:30〜17:00
10:10〜10:30 (米国GITAからのメッセージ) 米国GITA会長 Karen Levy氏
10:30〜11:20 (基調講演) 「GISとLBS」
東京大学生産技術研究所教授 柴崎亮介氏
11:20〜12:00 (講演) 「大震災時の建築物被害軽減に向けたGISの活用」
独立行政法人建築研究所 寺木彰浩氏
12:00〜14:00 展示会場見学(120分昼食・休憩)
14:00〜14:45 (講演) 「公共事業サービスにおける増大するリスク、新技術・規約への対応」
米国インターグラフ社 Richard Simpson氏
14:45〜15:05 (講演) 「Homeland Security−連邦政府の視点」
連邦地理データ委員会 Alan R. Stevens氏
14:10〜15:30 (講演) 「Homeland Security−地方政府との連携」
GLC C. Richard Kuykendall氏
15:30〜15:40 休憩
15:40〜17:25 (パネルディスカッション) 「危機管理の日米比較」
パネラー:米国GITA、政府・公益事業の専門家、他
コーディネータ:GITA-JAPAN会長 東明佐久良氏
18:00〜 親睦会 (世界貿易センタービル39階 「東京會舘」にて)

※11/5(水)の「講演とパネルディスカッション」(大会議室[2F])には同時通訳がつきます。

11/6 (木)
時 間 大会議室 [2F] 会議室 [13F] 展示ロビー[2F]
10:00〜10:40 (講演) 「超高密度リアルタイム地震防災システム(SUPREME)の開発」
東京ガス竃h災供給センター 中山渉氏
 
機器・システム
・ソフト展示会

10:00〜16:00
10:40〜11:20 (講演) 「道路管理システムの防災と災害復旧支援対策」
(財)道路管理センター 佐藤裕人氏
11:20〜12:00 (講演) 「IT時代における河川情報」
(財)河川情報センター 藤沢寛氏
12:00〜13:30 展示会場見学(90分昼食・休憩)
13:30〜14:15 (講演) 「高知県におけるGISの活用について」
高知県企画振興部情報企画課 山崎稔氏
14:15〜15:00 (講演) 「川崎市における地理情報システム」
川崎市まちづくり局 鈴木賢二氏
15:00〜15:45 (講演) 「GISを用いた地理的犯罪分析」
警察庁科学警察研究所 原田豊氏
15:45〜15:55 休憩
15:55〜17:15 (パネルディスカッション) 「GISの将来像」
パネラー:小松左京氏、GITA-JAPAN関係者、他
コーディネータ:都市設計家 山田雅夫氏
17:15〜17:25 (閉会挨拶) GITA-JAPAN幹事会委員長 那須充氏

●機器展示会出展企業(五十音順)

アジア航測株式会社 株式会社ドーン
株式会社アドネット 東京ガス・エンジニアリング株式会社
株式会社インフォマティクス 株式会社ニーモニックセキュリティ
応用技術株式会社 日本インターグラフ株式会社
株式会社グローバル・セキュリティ・デザイン 日本無線株式会社
株式会社協振技建 日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社
株式会社セイコーアイ・インフォテック 株式会社フォーカスシステムズ
株式会社ゼンリン 株式会社リコー
国際日本文化研究センター 株式会社アルテル

■ コンファレンス参加案内:ダウンロード

運営組織

 幹事会委員長    那須 充 (アジア航測梶j
 実行委員長     川野 孝平 (東京ガス・エンジニアリング梶j

PDF形式のデータをご覧いただくには Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)の Adobe Acrobat(R) Readerが必要です。