第27回GITAコンファレンス(in Seattle)において、日本人初のスピーカーアワードを獲得! NTTインフラネットの中西氏

 

 平成16年4月25日〜28日、米国ワシントン州シアトル市で開催されたGITA-NorthAmericaコンファレンスにおいて、エヌ・ティ・ティ・インフラネット株式会社の中西、大月氏が「INNOVATING FIELDWORK WITH WIRELESS WEB GIS AND THIRD-GENERATION MOBILE SERVICES」(ワイヤレスWEB−GISと第三世代携帯電話サービスによるフィールドワークの革新)と題して発表されました。モバイル機器の実用化という先進的な内容とグラフィカルなプレゼンテーションで高い評価を受けられ、見事、日本人初のスピーカー・アワードを獲得されました。

日本語アブストラクト 

『日本における通信インフラネットワークマネジメントサービスプロバイダであるNTTインフラネットは、第3世代携帯電話サービスに代表されるワイヤレス通信の広帯域化に着目し、モバイル端末を活用した各種顧客サービスへの取り組みを始めた。 モバイル端末に搭載されたデジタルカメラやGPS、コードリーダはもちろん、自社開発の空間撮影装置やリアルタイム映像配信装置、地下ケーブルの3次元探査機等をワイヤレスネットワークを介して地理情報データベースと連携させ、施設管理に必要な「どこに」「何がある」「どのような状態」といった情報をビジュアルな画像情報で、携帯電話やPDAから双方に伝える仕組みをWirelessWebGISプラットフォーム上で実現した。』

 詳しい内容については、下のファイルをダウンロードしてください。

論文:英語版ダウンロード